サンセイR&D 「絶狼<ZERO>-DRAGON BLOOD-」最終話直前イベント開催

(株)サンセイアールアンドディ(本社/名古屋市中区)が特別協賛する絶狼<ZERO>シリーズ最新作「絶狼<ZERO> -DRAGON BLOOD-」は3月31日いよいよ最終13話が放映となった。これを記念し「絶狼<ZERO>-DRAGON BLOOD-」最終話直前イベントは3月31日夕刻、新宿バルト9・シアター9において開催した。

孤独な宿命を背負った魔戒騎士・涼邑零/銀牙騎士・絶狼(藤田玲氏)が新たな戦いに挑む姿を描いた同作品。
テレビ東京系6局、BSスターチャンネル、CSファミリー劇場にて放映中であり、
最終話となる13話をいち早く大スクリーンで楽しめるプレミアム上映会となった。

最終話直前イベントには、雨宮慶太総監督、藤田玲氏(主人公・涼邑零役、銀牙騎士ゼロ)、青島心氏(ヒロイン・尋海アリス役)、松山メアリ氏(魔戒法師・烈花役)、弓削智久氏(竜騎士・エデル役)の豪華キャストが登壇し、来場した熱烈ファンに感謝を伝えた。「家でタダでTV観られるのに、こんなに集まっていただき、とてもうれしいです。昨年3月にクランクインして、牙狼シリーズの中では一番時間をかけました。それ位の想いが入っています。ファンと一緒に見届けられて嬉しい」(雨宮総監督)、「最終話ですが、あっという間でした。寂しい気がしますが、皆さんと一緒にこの場で共有でき嬉しいです」(藤田氏)、「12話を観て下さった方は13話がどうなるかわかってしまうかと思いますが…。一緒に楽しみながら観ましょう」(青島さん)、「完成したものを観るのは今日が初めてです。皆さんと一緒に見届けられるのが嬉しいです」(松山さん)、「いつもは家で絶狼を観てたのですが、今日は大きなスクリーンで皆さんと一緒に観ることができ感激しています」(弓削氏)。

その後、第11話「神殿」、第12話「微笑」を上映。上映中は監督&キャストによる生コメンタリーを行った。そして最終話(第13話「世界」)を上映し、エンドロールでは大きな拍手で作品を称えた。