人気コンテンツが新筐体、斬新スペックで登場

オーイズミは3月21日、都内のパセラリゾーツAKIBAでパチスロ新機種『パチスロラストエグザイル−
銀翼のファム−』のプレス発表会を開催した。

同機は2011年にTV放映された人気アニメ「ラストエグザイル−銀翼のファム−」がモチーフ。
フルHD15.6インチの美麗液晶やブーストサウンドシステムを搭載した新筐体「Xechs(ゼクス)」を
採用し大迫力の演出を生み出しているほか、スペックではAタイプ、ART機、AT機の特長を
ミックスさせる初の試みに挑戦。「トリプルA-SPEC」と銘打った斬新なスペックに仕上げた。
同機は4種類のボーナスと平均純増約1.5枚/GのART(AT)「EXILE RUSH」を搭載。

「EXILE RUSH」はゲーム数上乗せ型のART(AT)で、消化中はレア役成立時はもちろんハズレを5回引くたびに
上乗せ抽選を行う。「EXILE RUSH」中はART状態とAT状態を行き来し、AT状態となる「防衛モード」に
移行すればゲーム数上乗せの大チャンス。ハズレ確率とハズレを5回引いた時の上乗せ当選率が
アップする上乗せ高確率ゾーンとなっている。そのほかの上乗せ要素として「GRAN EXILE ZONE」
といったゲーム数上乗せ特化ゾーンを搭載。「EXILE RUSH」初当り時の平均プレイゲーム数は
200G以上に設計し、遊びごたえのあるART(AT)を目指した。

一方ボーナスは2種類のビッグ、レギュラー、フリーズボーナスの4種類。中でも注目は
フリーズボーナスの「超弩級EXILE RUSH」で、獲得枚数は現行規則最大の448枚、さらに消化中は
7図柄揃いで「EXILE RUSH」をストックする同機最強の出玉トリガーとなっている。
その他のボーナスの獲得枚数はビッグが204枚と平均152枚、レギュラーが平均61枚。

当日行われたプレス発表会では同社の大泉秀治代表取締役社長をはじめ、広報のBOM☆岩崎氏、
お笑い芸人のAMEMIYAさんが登壇し同機をアピール。その中で大泉社長は
「遊びごたえのある機械を目指し演出やスペックにこだわった。新筐体と新スペックで登場する同機に
是非期待してほしい」と自信を覗かせた。

なお、同機の納品開始は5月21日を予定している。