サンセイR&D 「AnimeJapan 2017」の牙狼ブースに出展協力

(株)サンセイアールアンドディ(本社/名古屋市中区)は
3月25日・26日に開催した「Anime Japan2017」の牙狼ブースに出展協力した。

2005年より放送開始された「牙狼<GARO>」は、その独特な世界観、迫力のあるアクションシーン、
壮大なVFXによって瞬く間に多くのファンを獲得し、現在もなお、その進化はとどまる事を知らない。
ブースでは、パチンコ実機の展示の他、「パチプラス版CR牙狼金色になれ先行アプリ」を本邦初公開した。
そして高さ約3メートルの黄金騎士ガロの魔導馬「轟天」が実寸大にて展示。
この写真を投稿すると「牙狼<GARO>」オリジナルグッズがもらえる「轟天・フォトコンテスト in AnimeJapan 2017」も開催していた。

さらに、「牙狼<GARO>ショップ」を出張開店。黄金騎士ガロ 、銀牙騎士ゼロ、
ジャアクの実寸サイズのヘッドモデル、JAP工房の「魔戒剣−鋼牙の剣」、
初販売となる実寸大斬馬剣や黄金騎士<GARO>のウォールフィギュアなど、
普段は見る事のできないレアグッズを展示した。新たにデザインされたカラビナ付きアルミボトル、
デスクマット、ミニポスターなど、さらに25日から販売開始となる
「絶狼<ZERO>」のバックパックも販売していた。

また3月25日には、出演者である小西遼生氏、藤田玲氏、松山メアリさんが来場していた。