大都は「押忍!番長3」発表

大都技研は3月14日、東京都中央区の本社で「押忍!番長3」のプレス試打会を開催。



主にART(1セット40G+α、純増約2枚/G)と擬似ボーナス(1セット50G、純増同)で出玉を増やすタイプで、初当たりのメーンは前者。ゲームのカギを握るのは「ベル」で、通常時、ART中ともに、ベル成立ごとに1ポイント加算。
規定数到達(最大64ポイント)で対決演出に発展。
勝利でART突入やセット数上乗せとなる。
また、対決演出中のベル成立で、結果が書き換えられる(ART獲得)ことも。
ベル成立1〜7回で対決に発展する「対決連チャンモード」など、新要素も満載。

「コンテンツ、演出、機械割と、しっかり戦える新基準機に仕上がっています」と広報担当者。
ホール導入は4月3日から。