ベルコ、『スーパービンゴ リゾート』を発表!


10月18日、ベルコは東京支店にて「『スーパービンゴ リゾート』プレス発表会」を開催した。



始めに、代表取締役社長 国本籍雄氏が登壇。「“スーパービンゴシリーズ”は当社の看板商品。ホール様からの信頼と実績、圧倒的な貢献度で、年末から正月にかけての経営戦略にはかかせない商品であるという声を多くいただいている」と、本機に対する期待の声が多いことを説明。
「これから先のことを考えると少々不安に感じることもあるが、必ずその時代のヒット機種は生まれてくる。そしてそのヒット機種の流れの中で次の世代が開かれていくと考えいてる。ベルコの持っているヒット商品を駆使して、今後もいろいろな機種を出していきたい」と、来年に向けての展望を話した。

続いて登壇した、統括本部長 神農勝進氏が機種説明を担当。開発コンセプトは“過去の実績と進化”。目押しが簡単であること、数字が揃えば大当りというわかりやすさ、そして本機の最大のポイントである「Hooah!」は変わらずに継承。周期抽選システムをやめていつでもどこからでも打てる仕様、天井を廃止、そして「Hooah!」の自力チャンスを設け、ゲーム性にアクセントを加えたことを説明した。

本機は人気シリーズ『スーパービンゴ』の最新作。前作のATからART仕様に代わり、純増は約2.0枚。ART「ビンゴチャンス」突入ルートは主に前兆ゾーンからと、リアルボーナスから。上乗せ特化ゾーンは、BINGO図柄が揃うと上乗せチャンスとなる「スターダストチャレンジ」と、7が揃うたびに33G or Hooah!が上乗せされる「レイジングバースト」の2種類が搭載されている。

ホール導入は12月18日から。