太陽財団が助成金の応募を開始

北海道の大手ホール企業・太陽グループの東原俊郎社長が代表を務める公益財団法人「太陽北海道地域づくり財団」は、9月26日から平成29年度の助成対象事業の募集を開始した。
 
17回目となる今回のスローガンは「いっしょに夢を。」(肥沃な大地に、青い空。北海道には夢と希望がぎっしり詰まっています。未来に続く道を、みなさんと一緒に。)。
 
応募期間は9月26日から10月25日までで、12月までに応募の中から助成対象事業を決定して、総額1000万円程度(上限100万円程度/件)を活動ごとにそれぞれ配分する。助成金の交付は来年4月を予定している。

太陽北海道地域づくり財団は過去16年間で、延べ282件、総額約1億9700万円を道内の地域づくり活動を行う団体等へ助成。同財団では「今後も助成事業を通じて北海道の地域づくり活動を応援していきたい」としている。