ニューギンが慶次シリーズの最新作を新枠で発表


ニューギンは8月31日、都内中央区のニューギン東京ビルで「CR花の慶次X(いくさ)〜雲のかなたに〜」のプレス発表会を開催した。



同社の看板タイトル「花の慶次」の最新作で大当り確率は1/319.7。確変仕様はV確ループを採用し、確変突入率50%、継続率65%となっている。確変非当選の場合には時短100回転に突入する。右打ち時の大当りは50%が出玉約2,400個の16Rとなるなど、慶次の代名詞となる出玉感を現行内規のなかで最大限に追求した。演出面ではシリーズ最大となる19インチ液晶を活用した美麗映像が最大の見所となっている。

また、新枠「ReLf(レルフ)」を採用。白を基調にした斬新なデザインに加え、枠上から飛び出す「ReLflash(レルフラッシュ)」、枠左下には「LINKAGEレバー」を搭載するなど、インパクト抜群の仕上がりとなっている。

冒頭で挨拶したニューギン販売の笹本教光専務取締役は「慶次の最大の特徴である迫力と豪快さは継承しつつ、新内規に対応し、ファンの皆様に安心して長く楽しんで頂けるようにグループ一丸となって開発した。今作は初代慶次の正統進化機となっている。慶次シリーズは来年で10周年を迎えるが、今回の『いくさ』は原点越えを目指した意欲作。同機を長期ご活用頂き、ファンに楽しんでもらうことで業界全体の活性化に微力ながら貢献していきたい」と語った。