NEXUSが決算発表、売上高は17期連続で増収に

北関東、首都圏でDステーションを展開するNEXUS(齊藤人志取締役 社長執行役員)が2016年6月期の決算を発表。売上高を前期比6%増の2486億4600万円、営業利益を同79億7000万円増の86億5000万円と増収増益を報告した。売上高では17期連続の増収、営業利益は過去最高益を記録した。増収は新規出店2店舗(前期8店舗)、大規模改装1店舗(同2店舗)によるもの、増益は新規出店および大規模改装投資額が前年と比べて減少したことによるものだとした。

同社では業界の様々な課題に迅速に対処し、効率的に業務の運営を行うため、7月から新体制を確立。今期の業績として売上高2400億円(新規出店未定)、営業利益50億円を見込んでいる。