マルホン工業がソルジャーの甘デジ2タイプを発表


マルホン工業は8月24日、都内上野の東京支店で「CRAソルジャーST」「CRAソルジャーSRT」のプレス内覧会を開催した。




両機種とも、今年4月にホール導入された「CRソルジャー」の甘デジバージョンとなる。「CRAソルジャーST」は大当り確率1/78.1、全ての大当り後ST8回転+時短22回転に突入し、継続期待度は約56.2%。大当りは出玉約400個の5R、出玉約800個の10R、出玉約1,200個の15Rの3種類となっている。

一方の「CRAソルジャーSRT」は小当りRUSHを搭載しており、大当り確率1/98.1、確変突入率50%というスペック。小当りRUSHでは1回転あたり約15玉の出玉増加が期待できる。大当りは細かいラウンド振り分けが設定されており、出玉は225個〜825個となっている。

ホールへの納品は10月16日からを予定している。