三洋物産 新機種「CRスーパー海物語IN沖縄4」発表


(株)三洋物産(本社/名古屋市千種区)は8月25日、新機種「CRスーパー海物語IN沖縄4」の発表に伴い、大阪ショールームにおいて内覧会を開催した。



海シリーズ初の可動式ボタン「パールボタン」をはじめ、「海物語ヘッドランプ」や「マリンシルエットランプ」を搭載した新筐体『マリンシェル』を身にまとい、沖海の最新作が登場した。スペックは特賞確率1/319.6(高確率1/37.9)、確変割合60%のループタイプ。出玉あり大当りは全て16R(約1536個)で、通常大当り後は100回の時短を搭載した安心スペックだ。新基準機仕様になっても沖海らしさを失わない、魅力あふれるスペックに仕上がった。

演出面ではおなじみの「海」「マリン」「沖縄」の3モードに加え、新たに「ハイビスカスモード」を搭載した。同モードでは一発告知メインのゲームが楽しめ、液晶画面左右に配置されたハイビスカスが点滅すれば大当りのチャンス。点滅パターンは8種類用意され、シンプルながらも奥深いゲームが楽しめる。また、点滅演出以外にもパールボタン演出や、違和感演出なども搭載されており、従来とは一線を画す画期的な新モードとなっている。