「DK-SIS白書2015」、パチンコ稼働2万割れ


ダイコク電機は7月13日、東京都文京区の「東京ドームホテル」で「DK-SIS白書2015」発刊記者発表会を開催。
同社の根本弘常務、DK-SIS室の山岸義幸室長が出席した。



2015年の業界総粗利は3兆3200億円(前年比1800億円減)。
パチンコの業績悪化が顕著で、平均アウトは同800個減の1万9330個となり、2万個を割り込んだ。
1日あたりの台売上も2万円を割り、1万9497円(同1116円減)に。台粗利は2988円(177円減)で3000円割れとなった。

山岸室長は「過去にアウトが2万を切ったことはなかった。また、パチンコの総粗利は2.18兆円から2.02兆円と、0.16兆円減少しており、2016年は間違いなく2兆円を切ってくる。お客さまがパチンコにお金を落としていないという現状を把握するべきではないか」と述べた。一方、パチスロはアウトが9354枚(同278枚減)、売上は2万3839円(同855円減)、粗利は3396円(同119円減)。同白書では「下落傾向も、下げ止まり気配」としている。

同白書はDK-SIS会員(2016年6月末時点で3720会員)、データ送信台数142万台(全設置台数の約31%)の営業データを集積し、市場分析したもの。
今年で13冊目となる。