■ゴトは増えています!


「ゴト被害が増えている」
ホール現場の方なら不思議には思わないでしょう。
ところが、現場から少し距離のあるところにいる方々には「?」かもしれませんね。まして、一般人には寝耳に水でしょう。

低貸しコーナーやバラエティコーナーに設置中の台が狙われるようになった、これも昨今のゴト状況の一つです。
ゴト氏にとって時間効率の低い低貸し機ですが、彼らも「安全第一」です。

今後もますますゴト被害は増えそうです。

なぜなら、いわゆる旧基準機が重用されるからです。
少々価格が上がろうとも新基準機に比べれば大きく価値が異なりますから長期間大切に設置されるのです。
一旦外した機種を再設置するホールさんだって珍しくはありません。

ゴト氏たちは、手持ちのゴト器具のメンテナンスに励むことでしょう。
技も磨かれることが予想されますから生半可なゴト対策は突破されてしまうかもしれません。クオリティの勝負になるでしょう。

とはいえ、ゴト対策そのものは難しくはありません。
対策を実行するです。