DAXELがアニスロ「ミルキィホームズ」発表


DAXELは3月1日、東京都千代田区の「パセラリゾーツ AKIBA マルチエンターテインメント」で、「探偵歌劇 ミルキィホームズ TD 消えた7と奇跡の歌」のプレス発表会を開催。



「プリズム・ナナ」「ささみさん」「サムライガールズ」に続く、同社の“アニスロ”シリーズ第4弾で、カードゲームやアニメ企画などで知られるブシロードとの共同開発機。擬似ボーナスとART(純増約2枚/G)で出玉を増やすタイプとなっている。

冒頭あいさつに立ったDAXELの栢森秀行会長は「ブシロード作品の初のパチスロ化ということで、開発段階からタッグを組んできました。両社のコラボで、既存のパチスロをはるかに凌駕する作品ができたと自負しています」と力説。通常時からアニメが観られるシステムや、ストーリーが毎週更新されるRTC機能などが盛り込まれており、発表会にはブシロードの岡田太郎統括プロデューサーらも駆けつけ、同機の完成度の高さについて熱く語ったほか、攻略ライターの柳まおさんとドラ美さんによる機種解説も行われた。

ホール導入は4月4日から。