「牙狼10周年記念 魔界ノ宴 -GARO FES.-」が開催


2月11日に舞浜アンフィシアターにて「牙狼10周年記念 魔界ノ宴 -GARO FES.-」が開催された。
パチンコ「牙狼シリーズ」を手がける、サンセイアールアンドディは協賛企業として参加した。

2005年に特撮テレビドラマとしてスタートした牙狼シリーズは、テレビシリーズ・映画・アニメなど多くの作品を生み出し、2015年に10周年を迎えた。
その10周年記念イベントとして、本イベントが行なわれ、会場には多くの牙狼ファンがつめかけた。

イベント開始後は、映画・TVドラマ「牙狼 -GOLD STORM- 翔」からゲストとして登場した、栗山航さんや井上正大さんらによる激しい生アクションが披露された。
召喚後の牙狼も登場し、その黄金の輝きと生アクションに観客からは歓声が湧き上がった。
その後、キャストによるトークショーが行なわれ、栗山航さんは「現場ではカットをしながらアクションシーンの撮影シーンを進めますが、今日はカットがないため長時間の生アクションでした。汗がすごかったです」と生アクションの緊張感を語った。

次に、現在放送中のアニメ「牙狼 -紅蓮ノ月-」のキャストによるトークショーが行なわれた。
主人公の雷吼役を務める中山麻聖さん、キャラデザインを担当した桂正和さんらが登壇。
中山麻聖さんは、TVドラマ「牙狼-GARO- -魔戒ノ花-」にて主人公の冴島雷牙を演じており、ドラマ終了直後に、今度はアニメでも主人公を務めることとなった。
「アニメとドラマの牙狼の演じ方で違う点はありますか?」という質問に対し、「どちらも“人々を守りたい”という気持ちが第一にあるキャラクターのため、特に 変えて演じている点はありません。ただ、俳優と声優ではやはり異なる点はあるため、声優の先輩を見て勉強しながら演じています」とコメントした。

イベントの中盤では、トークショーに登場していた栗山航さん、中山麻聖さんに加え、何シリーズかで登場している、“銀河騎士・絶狼”の涼邑零役を務める、藤田玲さんが登場。
シリーズを越えた三騎士による夢のクロストークに、会場のファンは興奮しつつトークに耳を傾けていた。

イベント終盤には、牙狼作品内にて多くの楽曲を手がける、Jam Projectが登場。
スペシャルメドレーを披露し、会場内では立ち上がりペンライトを振る観客が出るほどの熱気に包まれた。

ライブ後には出演した全キャストに加え、原作・総監督である雨宮慶太氏が登壇。
「牙狼が好きな方が会場にたくさん集まってくれている中で、今日舞台を見ていて、10年経つのだな…とヒシヒシと感じました。牙狼史上で、思い出に残るイベントが出来たなと思いました。上手く言葉に出来ませんが、感無量です」と、会場に訪れたファン、牙狼ファンに向けて感謝の言葉を述べた。
また、初代TVドラマにて主人公・冴島鋼牙役を務めた小西大樹さんが本イベントに出演できなかった件については「本人も来られなくて残念がっていた。鋼牙もいつか帰ってきてくれると嬉しいなと思っています」と、初代からのファンにとっては嬉しい言葉も飛び出た。

最後は会場内が一体となり、初代TVドラマ「牙狼-GARO-」の主題歌である「牙狼〜SAVIOR IN the DARK〜」を熱唱し終演を迎えた。

牙狼シリーズは今後も新TVシリーズなどを放映予定。
まだまだ牙狼シリーズの歴史は続いていきそうだ。