パチスロ店でICカード盗む 容疑の農政局幹部逮捕 宮城


パチスロ店で置き忘れのICカードを盗んだとして、仙台中央署は窃盗の疑いで、農林水産省東北農政局(仙台市)の地方参事官、野村竜司容疑者(50)=仙台市青葉区川内亀岡町=を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は27日午後6時半ごろ、仙台市青葉区のパチスロ店で、同市のパート従業員の女性(29)が置き忘れた残金9千円のパチスロ用ICカードを盗んだとしている。

 女性がカードを忘れたと申し出て、店員が女性の後に同じ席に座った野村容疑者に尋ねると所持を否定したが、防犯カメラの映像から、あらためて尋ねたところカード所持を認めた。店員が取り押さえ、仙台中央署に通報した。野村容疑者は「後で店に届けるつもりで、盗むつもりはなかった」と容疑を否認しているという。

 野村容疑者は東北農政局盛岡地域センター長、農水省農村計画課農村政策推進室長などを経て、昨年10月、東北農政局で農政全般の相談に応じる部長級幹部である地方参事官に就任していた。

 東北農政局総務課は「勤務態度に問題はなかった。誠に遺憾で、事実関係を確認した上で厳正に対処する」としている。