P/PSの2機種同時リリース/藤商事「パチスロ緋弾のアリア」「CR地獄少女 弐 きくりの地獄祭り」


鞄。商事(松元邦夫代表取締役)は12月22日、都内千代田区のベルサール秋葉原にてパチスロ新機種「パチスロ緋弾のアリア」及び「CR地獄少女 弐 きくりの地獄祭り」のプレス発表会及び一般ファン向け試打会を開催。

発表会では、主催者を代表し渡辺勝治営業本部長が登壇。同氏は「パチスロ緋弾のアリアは2014年にパチンコをリリースし、ファンの皆様に好評を頂いたコンテンツであり待望のパチスロ化でもある。弊社のパチスロ事業は私が立ち上げ当初から開発に携わり、決して平坦な道のりではなかった。昨年はリングを、本年は地獄少女を発表し、多くの皆様からご支持頂き、ようやくパチスロメーカーとして業界に名乗りを上げられたのではないでしょうか。来年は本機がその流れを受け継ぎ、パチンコ同様、またそれ以上に皆様に喜んで頂ければと思う」と意気込みを述べた。

続いて、第2部の「CR地獄少女 弐 きくりの地獄祭り」の発表会では、営業本部の中村敏幸副本部長が登壇。「本機はこれまでのCR地獄少女シリーズとは異なり、お祭りをテーマとした賑やかな世界観と、差別化されたスペックを兼ね揃えたこれまでにはない地獄少女となっている。また、ホール様には手軽に導入できるよう新台販売だけでなく、エコ割での導入が可能な商品。世界観スペック共に一味違う地獄少女をより多くの皆様に楽しんで頂きたい」と新機種の魅力をアピールした。