ドン・キホーテとの訴訟和解/京楽産業.

京楽産業.梶i榎本善紀代表取締役)は12月25日、同社公式ホームページ上で、潟hン・キホーテとの訴訟が和解したことを発表した。

訴訟は平成26年1月31日、京楽産業.鰍ェ製造・販売する「ぱちんこAKB48」「ぱちスロAKB48」(※シリーズ機含む)が、潟hン・キホーテの有する権利を侵害するとして、潟hン・キホーテが京楽産業.葛yび晦KSを相手取り、販売の差し止め等を求めて東京地裁に提起したもの。

訴訟当初より京楽産業.椛、は、「AKB48の商標権等を有している晦KSから適法にライセンスを受けており、『ぱちんこAKB48』『ぱちスロAKB48』の製造・販売について、全く問題がないと認識している」と主張。

和解は平成27年11月30日付けで成立。これにより両社は、AKBシリーズの遊技機が、潟hン・キホーテの権利を侵害していないことを確認し、訴訟を終了することとした。