■「転生」から不正ハーネス!!


「北斗の拳 転生の章」筐体から不正ハーネスが発見されたと情報が入りました。
メイン基板とサブ基板をつなぐハーネスの中に小さなチップが仕込まれていたのです。
このハーネスは、いわゆる通信ライン。ATにかかわる重要な信号の通り道です。

通信ラインに疑似コマンドを送り込む方法は複数あります。
筐体外部からゴト器具を差し込んで接触する方法、電波に乗せて送信する方法などが良く知られています。
今回のように、通信ラインそのものに不正プログラム入りのチップを割り込ませる方法も。

不正なサブ基板などと違って発見は難しくありません。
触ってみることです。
この際、ハーネスの差し込み口(コネクター部分)も観察してください。
フィルムタイプのペラペラな基盤を挟み込む手口があるかもしれません。