パイオニアが恒例の「イルミネーションロード」


パイオニアは11月6日、同20日から兵庫県南あわじ市の同社淡路工場周辺をLED電球で装飾する「イルミネーションロード」を開催することを発表(〜2016年1月11日)。

2011年から毎年開催しているもので、今年で5回目。前回より1万5000個増加した約15万個のLED電球を使って、同社のトレードマークのハイビスカスのほか、富士山をイメージした新作イルミネーションなどを展示。
約200mに渡って、“冬を彩る癒しの光”を演出する。

広報担当者は「今年初めて、時間限定でBGMも導入します。昨年よりスケールアップしていますので、地域の皆さんに楽しんでほしい」と話した。
なお、同 20日には点灯式を開催する。