サミーが鬼武者シリーズ最新作発表


サミーは10月9日、東京都台東区の東京支店ショールームで「パチスロ鬼武者3 時空天翔」の展示会を開催。



5号機初期に一時代を築いた「パチスロ新鬼武者」の正統後継機が、ゲーム数上乗せ特化型のAT機(純増約2.5枚/G、1セット50G+α)として登場。

注目は三つの上乗せゾーン。40〜100G継続する高確率誘発バトル「ガルガントバトル」、継続するたびに上乗せする「信長降臨」、出玉を増やしながら上乗せG数を獲得する「覚醒バトル」(1セット16G、平均10連)はインパクト抜群だ。

広報担当者は、「出玉、ゲーム性ともに『パチスロ新鬼武者』をしのぐシステムを搭載しています。鬼武者シリーズならではの、ゲーム性を楽しんでほしいですね」と話した。

ホール導入は11月16日から。