業界6団体 「高射幸性遊技機の取り扱いについての合意書」締結にともなう記者会見開催


パチンコ・パチスロ産業21世紀会傘下の6団体は10月2日、遊技会館において「高射幸性遊技機の取り扱いについての合意書」の締結にともなう記者会見を開催。会見には阿部理事長(全日遊連)と庄司会長(日遊協)が出席した。

ホール組織である全日遊連が、6月24日に自主規制「新基準に該当しない遊技機の取扱いについて」を決議したことに伴い、日遊協、日工組、日電協、全商協、回胴遊商の5団体が「高射幸性遊技機の取扱い」について特に協力して対応していくことに伴い、業界挙げて、連携してのめり込み問題対策として、取り組んでいくことを内外に発信した。なお21世紀会は、平成8年10月に発足し、現在、業界14団体が集まった任意団体。