「出ない」と腹立てパチンコ台に火 千葉


いすみ署は2日、器物損壊容疑で九十九里町片貝、会社員、大木茂夫容疑者(29)を逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は1日午後2時半ごろ、いすみ市小池のパチンコ店「セブンスター」で、持っていたライターでパチンコ台のハンドルをあぶり焦がしたとしている。 同署によると、大木容疑者は「出なかったので腹が立った」と容疑を認め、以前にもやったことがあると説明しているという。