機構の遊技機調査8月度結果報告、10個以上入賞の台数が増加


遊技産業健全化推進機構は9月1日、8月中における遊技機性能調査の結果についてリリースを発出した。

有効調査台数は全国22地区62店舗の102台で、調査の打ち出し球数は平均で2,987個。このうち、一般入賞口への入賞球数が確認された遊技機の台数は33.3%にあたる34台で、入賞個数別の内訳は1〜3個が24台、4〜6個が4台、7〜9個が3台、10個以上が3台で、最大では30個入賞した機種もあったという。

調査がスタートした6月からの推移でみると、一般入賞口に入賞のあった遊技機の割合は、6月が28.1%(32台中9台)、7月が42.7%(124台中53台)で、8月は減少したことになる。
 
この結果を受け、機構は「全般的な状況としては、市場に設置してあるぱちんこ遊技機は、相変わらず『保通協試験時からほど遠い状況で営業に供されている』と考えられます」としながらも、「ただし、今回の調査において、3,333個の打ち出しで30個の入賞が確認された遊技機があり、また10個以上の入賞が確認された遊技機も、7月の1台から3台に増加していること等から、一部の店舗においては、取扱説明書に近づける努力が行なわれていると思われます」と評価している。
 
その一方で、機構は広報誌「KiKo NEWS」において、遊技機性能調査に関して広まっている様々な「情報」について「かなり危ない情報も多い」として注意を促している。具体的には、「機構の調査が20分の試打を行い、一般入賞口に1個でも入賞すれば行政通報は免れる」という情報について「基準云々は全く違っていると言って良い」と断言するとともに、改めて、保通協申請時に「10分間で数十個」の入賞があることを示し、情報の取扱いについては「自己責任」を求めている。