夏の祭典「コミケ88」に業界3社がブースを出展


東京ビッグサイトで8月14〜16日の3日間に渡り開催された「コミックマーケット88」に、業界関連企業の「ネット」、「山佐」、「DAXEL」の3社が企業ブースを出展した。



 「ネット」ブースでは今秋発売予定のパチスロ機種『スーパーブラックジャック2』がいち早くお披露目され、試打機を用いたファン参加型のイベント「第6回全日本パチスロ選手権大会SBJ2」を開催した。物販コーナーで1000円の買い物につきイベント参加券が1枚配布され、ボーナスを引いてボーナス図柄を最初に揃えた人が勝者というルールで3人1組で勝負し、勝者には記念グッズが贈られた。

 「山佐」ブースは今後展開予定の新規キャラクターコンテンツを中心とした物販コーナーを展開。会場でしか買えないキャラクターグッズの先行販売や人気声優をゲストに迎えたトークイベント、特製クリアバッグや関連ノベルティの配布などが行われた。

 「DAXEL」ブースでは同社でパチスロ化もされている「まじかるすいーと プリズム・ナナ」をアピール。声優によるトークイベントやキャラクターコスプレをした女性の撮影会などが行われ、多くの来場者が足を止め撮影するなど関心を集めた。

 コミックマーケット(通称コミケ)は、夏と冬の年2回開催され、毎回約50万人が来場する国内最大級の同人誌即売会。今夏のコミケも3日間で約55万人が来場し、会場は熱気に包まれた。