三洋が「ギンパラ」「パチスロ星矢」最新作発表


三洋物産は7月16日、東京都台東区の東京支店ショールームで「CRギンギラパラダイス クジラッキーと砂漠の国」「パチスロ聖闘士星矢-女神聖戦-」の内覧会を開催。



双方とも人気シリーズの最新作で、「ギンパラ」は大当たり確率399.6分の1と同259分の1の2スペックを用意。前作のV確STから、V確ループタイプとなった。

また、3作目となる「星矢」は、前作、前々作が高純増AT機だったのに対し、今作は、新試験対応のA+ART機で登場。ARTは純増約1.5枚/G。50枚あたりのベースは約32G。

同社営業担当者は「『ギンパラ』は、海シリーズならではの安心感と出玉への期待感を両立させました。『星矢』は、技術介入要素も魅力ですが、ゲーム性はシンプルで、コアなファンから初心者まで幅広い層に楽しんでいただけると思います」とPR。

ホール導入は両者とも9月7日から。