自工会、2014年度通常総会を開催 〜貯玉補償制度加盟率が7割超す

遊技場自動サービス機工業会(自工会)は21日、東京都港区新橋の第一ホテル東京において、2014年度通常総会を開催した。委任状出席の2社を含め、総員39社すべてが出席。上程された5議案すべてを可決承認した。任期満了にともなう役員改選では古宮重雄理事長を再任した。
 事業報告によれば、同組合の証紙・シールの販売事業の収入は、前年比で微増。特許事業は昨年10月に新たな権利14件の実施許諾契約を締結し、2015年3月末時点で2007年度からの契約継続分を含め、権利21件について実施許諾契約締結企業との間で実施許諾を行っている。特許事業収入は前年度実績をおよそ1割上まわった。同会が加入普及を推進する貯玉補償制度へは、本年3月末時点で前年度比353店舗増の5982件が加盟。貯玉サービスを利用する全国ホールにおける制度加盟率は7割を超えた。貯玉関係の収入は前年度比で約1割増加した。
 総会の役員改選では、古宮重雄理事長を再任。古宮理事長は、「昨年度は貯玉関係で破綻1件と、福島の立ち入り禁止区域の補償として1件を、貯玉補償基金から発動し、さまざまな方面から評価いただいた。全国のホールで預かる貯玉の金額は2015年3月末時点で892億円となっており、しっかりと補償していかなければならない。これまでトラブルを防ぎ得ている。今後もファンの信頼を勝ち得ることにより業界に貢献したい」と抱負を述べた。また4月より開始した貯玉の相互乗り入れサービスに関しては、「まだ総件数などデータは集まっていないが、ファンに利便性を感じてもらいながら利用されている」と、新サービス開始に手応えを感じていることを明かした。(日刊遊技情報)