エヴァシリーズの原点、暴走モードが復活

フィールズはビスティ社製のパチンコ新機種『CRヱヴァンゲリヲン9零号機暴走ループVer.』を発表した。

 大当たり確率1/299.3、確変割合60%のミドルタイプで、出玉ありの大当たりは全て15ラウンド(払出出玉1500個)という分かりやすいゲーム性。エヴァシリーズの代名詞ともいえる「暴走モード」をかつての突入演出を用いて復活させている。

 演出面ではリーチ時の「下段2テンパイ」や「上段4テンパイ」といった激アツ法則や「格納庫背景」などのプレミア予告もあわせて復活。シンプルでわかりやすいゲームフローの中に、打ちこむほど熱くなれるピンポイント演出を多数盛り込んだ、エヴァシリーズの原点ともいえるゲーム性を強調している。

 賞球数は3&2&10。大当たりラウンドの振り分けはヘソからの大当たりが15ラウンド確変:15ラウンド確変(アタッカー高速開放/暴走モード):15ラウンド通常=40:20:40、電チューからの大当たりが15ラウンド確変:15ラウンド通常=60:40、アタッカーは10カウントで、通常大当たり消化後には100回転の時短を付与。

 納品は5月17日開始予定となっている。