◇KYORAKUよしもと制作のテレビ番組「パチの穴」、ライターオーディションを開催

京楽グループのKYORAKU吉本.ホールディングスが制作するテレビ大阪放送の「発掘!!ぱちんこスター パチの穴」が、パチンコ・パチスロライターのオーディション企画「第1回全国パチンコライターオーディション」を実施する。募集が15日より公式ホームページより行われている。オーディションの過程は番組内で放送される。この番組企画には、辰巳出版「パチンコ・パチスロ必勝本」、双葉社「パチンコ・パチスロ攻略マガジン」、triple a出版「でちゃう!」のファン雑誌3誌が協力しており、オーディション合格者はこれら雑誌でライターとしてデビューできることが約束されている。選考基準やオーディションの細かいルールについては、現段階では未定とのこと。
 「発掘!!ぱちんこスター パチの穴」は、「ノリで行こう!」の後番組として2014年10月4日より放送を開始。メインパーソナリティをお笑い芸人のFUJIWARA・藤本と、タレントの桜・稲垣早希が務め、一般視聴者から実戦の挑戦者を募り、パチンコ・パチスロの“スター”を発掘するという内容でこれまで放映されていた。
 番組ではライター募集企画の開始にあたって2日、大阪市浪速区難波中のKYORAKUショールームにおいて、番組収録終了後に記者らを招いて、藤本と稲垣による囲み取材を実施した。ライターとしての要件を訊かれて藤本は、「パチンコがちょっとだけ好きで、イケメンか美人やったらなれるんちゃう」と、見た目の重要さを強調。稲垣は「キャラの濃さじゃないですかね」と述べるも、「やっぱり華は要ります」と藤本の意見を支持した。(日刊遊技情報)