PCSA、第13期第3回臨時社員総会を開催 〜金本代表理事、三点方式の制度化の必要性を強調

パチンコ・チェーンストア協会(PCSA)は2月27日、東京都千代田区平河町の都市センターホテル コスモスUにおいて、第13期第3回臨時社員総会および第51回PCSA公開経営勉強会を開催した。社員総会の冒頭で挨拶に立った金本朝樹代表理事は、今後行われる可能性がある遊技機規則の改正については、必要であるとして賛同する見解を示した。また「時代に適した風営法を求める議員連盟」の活動に関して、「違法な換金行為絶滅を図り、全国どこでも正しい三点方式が行われるため、三点方式の制度化が必要。議連と力を合わせできるだけ早く確立したい」と述べ、三点方式を制度化していく必要性を強調した。
 総会では、政治分野アドバイザーやパチスロ自主規制についての質問に対する日電協などからの回答などが報告された。
 勉強会では、第1部で日本労働組合総連合会中央アドバイザーの二宮誠氏が、「労働組合の原点・パチンコ関連組合16年の歩み」、第2部でワールド・ワイズ・ジャパン代表取締役の濱口理佳代氏による「社会という“目”から視る遊技産業〜近視眼からの脱却、持続可能な産業・企業へ〜」と題した講演が行われた。二宮氏は、業界初の労働組合となった「ダイナムユニオン」結成時のエピソードを交えて労使協議会のあり方など、労働組合を組織する際の要点をまとめた。(日刊遊技情報)