◇ヤーマ、「TRAD」プレス発表会を開催


ヤーマは16日、東京都台東区東上野の同社上野ショールームにおいて、ノーマルタイプのパチスロ新機種「TRAD」および「TRAD480」のプレス発表会を行った。赤いパネルの「TRAD」はBBの払い出し枚数360枚の「定番」タイプ。黒いパネルの「TRAD480」は払い出し枚数480枚のSBBを搭載した「挑戦」タイプ。ヤーマ・ベルコの「新ベンリーシステム」を搭載。ボーナスの告知演出には、点灯すればボーナス確定の「WIN告知ランプ」による告知のほか、筐体が震える「振動告知」、リールが再始動する「リムーブ告知」、「ランプ消灯告知」などがある。
 プレス発表会では冒頭に、同社代表取締役の徳山誠祐氏が登壇。「2年以上前からノーマルタイプをコツコツと地道につくりつづけてきた。今後は、初心者にもわかりやすく、新たな遊技者を獲得できるノーマルタイプが必要になってくる。弊社には保通協よりも厳しい社内試験体制があり、本機はそれをクリアした。自信をもって発表させていただく」と述べた。つづいて登壇した取締役営業部長の荒川誠治氏が製品説明を行い、「非液晶機である分、低価格となっている」と説明。フォトセッションを行って発表会は終了し、業界関係者のための試打の時間となった。
 本体定価29万8000円。納品開始日には3月8日を予定する。(日刊遊技情報)








中古トラック