京遊協、「景品持ち帰り推進運動」を開始


京都府遊技業協同組合(京遊協)は15日より、組合に加盟する全194ホールにおいて「景品持ち帰り推進運動」を開始した。この運動は、来店客に特定の景品に偏ることなくさまざまな賞品と交換して持ち帰ってもらうための取り組み。クリスマスや正月という季節感のある賞品が出やすい12月後半のこの時期に実施することで認知向上を目指す。京遊協ではこの運動のために、京都府遊技業景品納入業者会(遊景会)の協力で「お楽しみ袋」を準備し、組合加盟ホールに陳列した。「お楽しみ袋」には「お菓子セット」と「おつまみセット」の2種類があり、いずれも1袋1000円。京遊協では「立て看板」も制作しており、景品カウンター付近に設置してアピールする。また遊協会の協力で、「お楽しみ袋」を展示するワゴンとPOPも用意した。運動の実施期間には、来年1月14日までを予定する。(日刊遊技情報)










中古トラック