都遊協、定例理事会を開催 〜春の「ファン感」実施案を決議


東京都遊技業協同組合(都遊協)は11月27日、東京都新宿区市ケ谷左内町の遊技会館において、定例理事会を開催した。毎年春に都遊協独自に実施する「春のパチンコ・パチスロファン感謝デー」の次回実施案を決議したほか、各委員会が活動内容を報告した。
 理事会の冒頭で阿部恭久理事長は、「IR法案が先延ばしとなったが、じゃあパチンコ業界が取り組むのめり込み防止広告のサイズを小さくしてよいかといえば、それは違う。全日遊連は、のめり込み問題への対応を来年4月以降も継続することを決議した。我々サイドからの見方ではなく、国民から業界がどう見られているかを考え、我々は何をすればよいかを決める必要がある」と挨拶し、のめり込み問題への取り組みに対し、組合員からの一層の協力を求めた。
 21回目となる次回のファン感謝デーについては、幹事商社に選ばれた高島屋の担当者が実施案についての説明を行った。実施期間は来年4月17日〜19日の3日間。企画テーマは、「古」典芸能をベースにしたデザイン、「今」風のメディアプロモーション、「ファン感」のたのしさを「伝」える賞品選定という意味を込めた「古今伝(こきんでん)」。プロモーション活動では、「今」風メディアの活用を掲げる通り、インターネットを中心に据えた。スマホでも閲覧できる専用サイトを設けるほか、専用サイトへ誘導する人気業界ブロガーサイトへのバナー広告や、検索ワード連動型広告の出稿を予定する。
 なお理事会開催の前に、四谷税務署副所長の高岡典彦氏と、同組合顧問税理士で元四谷税務署長の町井裕氏による税務セミナーが行われた。 (日刊遊技情報)









中古トラック