全日遊連、年末年始に向けた「子ども車内放置事故防止対策」徹底を傘下ホールに通達


全日本遊技事業協同組合連合会は11月27日、傘下ホールに向け、年末年始に向けた「子ども車内放置事故防止対策」の徹底を求める文書(「全日遊連発第320号」)を発出した。
 全日遊連では年末年始の長期連休期間を、子ども連れで来店しようとする遊技客が普段以上に多いと予想されることから、夏場と同様に子ども事故防止活動の「強化期間」として位置づけ。暑さに対する注意が必要な夏場とは逆に冬場には、車内の気温低下による凍死など、寒さに対する注意が必要だと呼びかけた。 (日刊遊技情報)









中古トラック