◇PCSA、第13期第2回臨時社員総会を開催


パチンコ・チェーンストア協会(PCSA)は21日、東京都千代田区平河町のホテルルポール麹町において、第13期第2回臨時社員総会と第50回PCSA経営勉強会を開催した。臨時社員総会では、各研究部会・研究会から報告が行われた。経営勉強会では、第1部でフリーライターのPOKKA吉田氏が講演を行い、第2部では各業界誌の編集長が出席して「業界ジャーナリスト 識者から見る今後の業界の諸問題と改善」と題したパネルディスカッションを行った。
 社員総会の冒頭で挨拶に立った金本朝樹代表理事は、「11月に入り嫌な状況がつづいている。期待をしていた遊べる機械が、前作の稼動から見ても非常に悪い結果となってしまった。また、ここにきてパチンコ税の見送り。1年は空白となる。総選挙後の「時代に適した風営法を求める会」がどういう編成になるのかが懸念される。遊べる機械は失敗したが、この取り組み自体はとても良いこと。メーカーには今後も試行錯誤していただき、お客様に長時間たのしんでもらえるような遊技機開発をすすめてほしい。遊技人口の減少、のめり込み問題などやるべき課題はたくさんあるが、メーカーと5団体が一丸になって解決していきたい」と述べた。
 議案審議では、正会員としてSB Good Industry、賛助会員として、みの食製菓の入会を承認。また21世紀会に、遊べる遊技機検討ワーキンググループ(WG)と遊技産業PRWGにより構成される遊技産業活性化委員会が設置されたことを報告した。
 経営勉強会でPOKKA吉田氏は、業界に必要な改革のひとつとして、3店方式を徹底するための「買い場の第三者性の確保」を挙げた。これは、ぱちんこ換金禁止法案の検討に入った次世代の党の動きを受けた予防的な対応策の提言。また遊技人口回復のためにホールとメーカーが連携する必要があることを強調した。(日刊遊技情報)











中古トラック