◇ダイコク電機、生産拠点拡張のため用地・建物を取得


ダイコク電機は9月22日、生産拠点拡張のため愛知県春日井市神屋町引沢の春日井事業所に隣接した場所で用地と建物を取得したと発表した。取得した土地面積は6495平方メートルで、これにより同社の春日井事業所の敷地面積は1.62倍となった。取得した建物は、4階建1棟と2階建2棟で、いずれも鉄骨造。リリースでは、情報システム事業の拡大と生産機能強化のためと説明している。また今後、中期経営計画に基づいて、生産拠点の統合と各部門の整備を順次すすめていく方針。
 建設業の業界紙「建通新聞」によれば、同地と建物は、精密機器メーカー・北川工業の旧春日井工場とのことである(9月30日付)。(日刊遊技情報)







中古トラック