三洋、「CRまわるんパチンコ大海物語3」特別先行展示会を開催

三洋物産および三洋販売は4日、東京都港区高輪のグランドプリンスホテル新高輪において、パチンコ新機種「CRまわるんパチンコ大海物語3」の特別先行展示会を開催した。納品開始日には11月3日が予定されている。
 同機のキャッチコピーは「パチンコの標準(スタンダード)を変える。」ファンのパチンコ離れの大きな要因となっている通常時のスタートが「回らない」というストレスをメーカーとして最大限に軽減させている。スタートの回転数を上げる工夫「まわるんシステム」は、大きく電チューによるものとステージなど盤面の構造によるものの2点。電チューについては、約30秒に1回1秒間、電チューが開放することによりヘソとの対比で電チュー入賞の比率を従来機の約2.7倍に引き上げた。盤面構造では、道釘を玉がこぼれにくいものとし、一部をホールにより“調整”されない樹脂に変更。電チューへと玉が集約される「まわるんスライダー」を設置し、風車を玉が中央へ寄りやすい位置に移動。さらにステージへの飛び込み頻度をアップさせた。これらの改良点により全体のスタート回数を「CRスーパー海物語IN沖縄3」の約129%にアップさせている。またさらに、保留個数の少ない時には変動時間を極端に長くして無変動時間を約65%カットした。
 スペックは、「海物語」シリーズの“王道”を踏襲し、大当り確率348.6分の1、確変割合60%、時短回数100回。筐体には、これまでの15インチよりも大きくシリーズ最大級となる19インチ液晶と、BGMが立体的に聞こえる3Dサウンドシステムを搭載している。演出には、最新の3ステージに加え、往年のシンプルな演出を再現した「タイムスリップモード」3ステージを用意した。
 特別先行展示会には、MCの南まりかと、およそ10人のパチンコライターが出演。ライターらが本機の特徴を説明した。また水着姿の6代目ミスマリンちゃんがダンスパフォーマンスを行い、同機のプレミアムランドに採用されている「飛び出せサマー」をはじめとする全3曲を初めて披露した。応募者のなかから抽選で選ばれた一般ファン約800人も参加した。
 三洋販売は同機の展示会を、8日に北海道会場・札幌パークホテル、仙台会場・仙台ロイヤルパークホテル、10日に大阪会場・ホテルモントレ グラスミア大阪、12日に広島会場・広島産業会館、九州会場・ヒルトン福岡シーホークなどで予定する。(日刊遊技情報)



 2014年9月4日、株式会社三洋物産と株式会社三洋販売は、東京・港区のグランドプリンスホテル新高輪 飛天にて、パチンコ最新機種『CRまわるんパチンコ大海物語3』の特別先行展示会を開催した。本機は「まわるん電チュー」と「まわるんスライダー」を搭載した専用盤面でストレスフリーの高スタート回数を実現。プレイヤーのストレスを抑えると共に遊び易さを追求した、業界に一石を投じる仕様での登場だ。



それぞれに用意された専用のコスチュームを纏って登場した6代目ミスマリンちゃんの3人。ダンスパフォーマンスではデビューシングル「飛び出せサマー」を皮切りに、「マリンブルー・シークレット」「アイツに夏」の3曲を披露した。





中古トラック