◇WAKO(テキサス)、所有物件の住宅を広島土砂災害の被災者に無償で提供


 『テキサス』などの屋号で広島県、山口県、福岡県でホールを展開するテキサスグループを傘下に置くWAKOグループは、広島市北部を中心に発生した土砂災害の被災者を対象に、広島と山口で不動産業を営む株式会社WAKOが所有する賃貸物件の住宅を一時的に無償で提供する。敷金、仲介手数料、賃料不要で、一時使用賃借終了時の原状回復費用も免除する。居住人数分の寝具も無償で提供される。受付期間は9月16日までで先着順。物件がなくなり次第、受付を終了する。
 同グループの公式ホームページによれば、広島市安佐南区八木に立地する『テキサス八木』では8月30日現在、復興支援ボランティアへの水・茶の無料提供および駐車場利用の協力を行っている。またテキサスグループ全店舗において広島県豪雨被害緊急復興支援募金を実施している。集まった義援金は広島市に寄付し、集計額を店内で報告する予定としている。(日刊遊技情報)







中古トラック