■異常なほどの音と光


一部のパチスロ機において、演出音問題が取りざたされています。
大音量でスピーカーから発せられる演出音が遊技機トラブルを招いているのです。
結局、音量を小さく設定することでトラブルは回避されました。

遊技機のスピーカーから発せられるのは演出効果を狙う音ばかりではありません。
筺体トラブル発生時や内蔵センサー発報時のエラー音があります。

各遊技機が、まるで限界に挑戦するかのように大音量で競い合う状況では大事なエラー音がかき消されてしまいます。
また、ホール全体の演出上もいかがなものかと考えてしまいます。
特定の機種の音量を強めることで得られる営業戦術もあるのでは・・・、などと専門外な思い付きさえ浮かびます。

スピーカーからの音ばかりではありません。
「光」も同様に過剰感があります。
ゴト発生時の異常を知らせる特殊なイルミネーションは打ち消されてしまいます。

遊技機管理上はもちろん、演出効果も得られてこその音と光ではないでしょうか。
そしてなにより、人間の視覚や聴覚に与える「疲労感」を忘れてしまっては元も子もないというものです。










中古トラック