◇都遊協、全関東遊連への加入を決議


東京都遊技業協同組合(都遊協)は7月29日、東京都新宿区市ケ谷左内町の遊技会館において定例理事会を開催し、特別協議事項として「風営法のもとで発展する」という全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)の基本理念を確認したほか、全関東遊技業組合連合会(全関東遊連)への加入(案)などの議決事項を可決した。
 全関東遊連は、東京都を除く関東甲信越、「静岡地区(静岡県東部)」の10県遊協が会員となっているホールの組合組織。神奈川県遊技場協同組合(神遊協)の伊坂重憲理事長が会長を務める。
 全関東遊連は数年前より、都遊協の加入を要望していた。都遊協では、都遊協の阿部恭久理事長が全日遊連の理事長に就任したこともあり、全関東遊連への加盟にも前向きとなった。都遊協が全関東遊連に加入することにより都遊協は、名実ともに「全国の牽引車的存在」となるステップとしたいだけでなく、全関東遊連の活性化や他のホール団体との協調を図りたい考え。都遊協では全関東遊連事務局に対し、年会費減額などの条件付きで加入の意向を示しており、来年4月1日からの2015年度より都遊協の全関東遊連加入は実現する公算は大きい。(日刊遊技情報)








中古トラック