西陣、「CRモモキュンソード〜星と黄金の太刀〜」プレス発表会を開催


西陣は6月27日、東京都千代田区外神田のパセラリゾーツAKIBAマルチエンターテインメントにおいて、パチンコ新機種「CRモモキュンソード〜星と黄金の太刀〜」のプレス発表会を開催した。同機は2009年発売の「CR(A)桃キュン剣」シリーズの後継機。今作では、WEB上で発表されたライトノベルを原作にパチンコのコンテンツとリンクしたオリジナルのテレビアニメを同時に制作。今月8日よりアニメ全12話の放送を開始する。同機の納品日には8月下旬を予定する。
 発表会に先立ち、同社営業統括本部副本部長の小森孝夫氏が挨拶。広報宣伝部の鈴木渉氏が機械説明を行った。その後、「皇天女」役を演じた声優の浅野真澄と「艶鬼」役のたかはし智秋が登場し、広告宣伝課長の高田潤氏とともに、販売プロモーション活動の説明も兼ねたトークセッションを行った。本機の宣伝広報部長に就任したというたかはしはグラビアアイドルとしても活動。「セクシー過ぎるモモキュン部長として、宣伝活動させていただいてます」と話し、自身の出演するプロモーション映像を紹介した。さらに、アニメのオープニングテーマ「桃色ファンタジー」を歌う声優で歌手の千菅春香が登場し、同曲をスペシャルライブで披露した。またテレビアニメ第1話の先行上映会も開かれた。
 今回発表されたスペックは、大当り確率381.0分の1の「CRモモキュンソード〜星と黄金の太刀〜MAX」(型式名「CRモモキュンソード〜星と黄金の太刀〜Z」)と、大当り確率198.5分の1の「CRモモキュンソード〜星と黄金の太刀〜LIGHT MIDDLE」(型式名「CRモモキュンソード〜星と黄金の太刀〜M」)の2スペック。両スペックとも、大当り終了後には確変突入率100%のST80回転がつく。(日刊遊技情報)








中古トラック