関西遊商、ホール駐車場の特別警戒巡回活動を実施


関西遊技機商業協同組合(関西遊商)では6月1日から9月30日までの4カ月間をホール駐車場の特別警戒期間としており、組合員による巡回活動を推進している。6月27日には活動の一環として、取扱主任者リーダーとセキュリティー委員による大阪府下11店舗の駐車場において一斉巡回を実施した。
 出発に先だち活動の概要を説明した加藤誠一セキュリティー委員長は、「車内放置による子どもの犠牲者を出さず事故ゼロを目標に掲げ、業界全体で取り組んでいるところ。当組合でも組合員がホール様を訪れる際には、店舗の協力を得て、駐車場の巡回を行っていく」と話し、組合員に協力を呼びかけた。参加した取扱主任者リーダーは31人。セキュリティー委員9人を加えた計40人が8つのグループに分かれ、担当するホール駐車場での点検活動を行った。
 同組合は一昨年より「幼児置き去り等の車内事故を未然に防止するための特別警戒巡回」活動を実施。今回の一斉巡回は、取扱主任者リーダーが社内において巡回活動の指導を行うため実施された。(日刊遊技情報)








中古トラック