平和、2014年3月期決算短信を発表 〜好調「ルパン」、累計受注台数は12万超に

平和は14日、2014年3月期決算短信[日本基準](連結)を発表した。パチンコでは販売計画に3万2000台達しなかったものの、パチスロ2万台が計画を上まわって補填した。稼働が好調な「CRルパン三世 消されたルパン」は本年4月末までに12万台超の受注があり同期に8万4750台が計上された。昨年11月には「平和本社ビル」が竣工し、開発部門が集約されている。
 2014年3月期通期の経営成績は、売上高1815億7000万円(対前期増減率プラス2.5%)、営業利益369億900万円(同プラス7.2%)、経常利益354億500万円(同マイナス0.5%)、当期純利益203億6100万円(同プラス1.2%)。
 ゴルフ事業では、新たに6カ所のゴルフ場を取得しゴルフ場の数を132カ所に増やしたが、2月の積雪による天候不順や顧客単価減少により、売上、利益とも前期を下まわった。
 来期2015年3月期の通期業績予想は、売上高2060億円(対前期増減率プラス13.5%)、営業利益444億円(同プラス20.3%)、経常利益427億円(同プラス20.6%)、当期純利益255億円(同プラス25.2%)。パチンコ9機種25万台(対前期比プラス5万2854台)、パチスロ7機種12万台(同マイナス802台)、計37万台(同プラス5万2052台)の販売を見込む。
 15日に公表された「決算説明会」資料によれば、2014年3月期中に発売されたパチンコおよびパチスロ主要タイトルの販売台数は次の通り。
▽「CR戦国乙女3 乱」2万7575台▽「CRルパン三世 消されたルパン」8万4750台▽「CRぱちんこRio2 RainbowRoad」1万4981台
▽「アントニオ猪木が伝説にするパチスロ機」2万5377台(前期からの継続販売)▽「パチスロ戦国乙女 剣戟に舞う白き剣聖」2万4719台、「主役は銭形2」4万4337台(日刊遊技情報)






中古トラック