「WICA」シリーズを最注力商品に位置づけ 〜オーイズミ、2014年3月期決算

オーイズミは9日、2014年3月期決算短信[日本基準](連結)を発表した。経営成績はほぼ横ばいで推移。次期見通しでも当期並みの数値を提示した。同社はこれまで、樹脂研磨式メダル自動補給システムを「戦略商品」と位置づけて拡販に注力してきたが、来期には「市場の反響が著しい」という各台計数機付ICカード玉・メダル貸機「WICA」シリーズを「最注力商品」に位置づけて提案営業を積極展開する方針に転換する。「パチスロQP」と「パチスロうみねこのなく頃に」2タイトルをリリースしたパチスロの販売は「苦戦を強いられ」たとした。来期でもパチスロ2〜3タイトルのリリースを予定する。
 2014年3月期の連結経営成績は、売上高135億1900万円(対前期増減率プラス2.5%)、営業利益16億7000万円(同マイナス2.8%)、経常利益17億1100万円(同マイナス1.9%)、当期純利益9億5600万円(同マイナス10.0%)。
 2015年3月期通期の連結業績には、売上高137億2000万円(対前期増減率プラス1.5%)、営業利益17億7000万円(同プラス5.9%)、経常利益17億6000万円(同プラス2.8%)、当期純利益9億8000万円(同プラス2.5%)を予想する。(日刊遊技情報)







中古トラック