2013年パチンコ業界の社会貢献額は約17億円 〜全日遊連発表

ホール業界全体の2013年1年間における社会貢献・社会還元活動についての調査結果を、全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)が23日開催の記者会見で公表した。会見では調査結果の説明を、全日本社会貢献団体機構の榊原光裕事務局長が担当。報告によると、2013年の社会貢献の総額、すなわち全日遊連、各都府県方面遊協、各支部組合、各ホール企業の拠出額の合計は17億2355万2305円で、前年に比べ4025万7635円増加した。拠出先には社会福祉関連がもっとも多く、全体の33.7%を占めた。次いで地域貢献が26.7%と高く、この2分野で全体の約6割を占めた。同年の傾向として榊原事務局長は、東日本大震災発生からの年月経過に伴って災害救済関連が減少し、社会福祉と地域貢献が増えたと指摘。約17億円という拠出額については、「震災発生の2011年を除けば、近年の拠出額は14億円程度。昨年は多く拠出したと評価できる」と述べた。なお全日本社会貢献団体機構主催の「第9回社会貢献大賞表彰式」および「2014年度助成金贈呈式」が7月24日に都内で開催される。(日刊遊技情報)







中古トラック