設置台数2100台『ZENT名古屋北店』オープン 〜24日に内覧会を開催

 『ZENT』などの屋号でホールを展開する善都(本社・愛知県豊田市)は25日、名古屋市北区中切町の国道41号線沿いに同社23店舗目となる『ZENT名古屋北店』をグランドオープンした。オープン前日の24日に、メーカー、設備機器およびホール関係向けとプレス向けの内覧会を開催し、同店の概要と店舗コンセプトを披露した。
 約3万平方メートルの店内に、4円パチンコ850台、1円パチンコ356台、20円パチスロ778台、5円パチスロ116台の計2100台を設置。設置台数では日本一となる。また既存店で高いニーズがあったという女性専用レストルームや景品専用ルーム、LED照明などの店内設備に加え、パチンコ初出店となる「コメダ珈琲」、ラーメン店「スガキヤ」、コンビニエンスストア「サークルKサンクス」、託児所「ぴよぴよ」、クリーニング店「ホワイト急便」、花屋「couleur」の各種テナントと展示スペース「ZENT ART MUSEUM」を併設する。
 プレス向け内覧会で挨拶した同社常務取締役の都筑晶裕氏は、同店を創業以来チャレンジをモットーに業界に先駆けた取り組みをつづけてきた同社の“集大成”と位置づけるとともに「幣社が初めて1000台規模の大型店舗を出店したのは『ZENT木曽川店』であり、オープンは今から14年前の2000年7月。当時1000台規模のホールは少なく、出店の苦労は相当なものだったと先代社長より聞いている。しかし、私はいつの日かその倍の2000台の店舗にチャレンジしたいという思いを持ちつづけてきた」と、同店をオープンさせるに至った動機を明かした。
 店舗の説明を行った店長の山内大亮氏は、「『パチンコのイメージを変えたい』というのは私が入社以来ずっと考えてきたこと。圧倒的なスケール感と繊細な配慮、そして丁寧な接客。私たちが提案するのは“アミューズメントNEXT”」と、同店のコンセプトを説明した。(日刊遊技情報)







中古トラック