■新機種は高性能か?


「ニューパルサーSP」で使われたクレマン(器具)が予想外に安価であったことをお伝えしました。
一方で、100万円を越えるゴト器具も決して珍しくはなく、ゴト器具にも二極化が進んでいるおとが覗えます。

これまで、クレマン被害機種の代表格と云えば、・・・○○でした。








※ゴト関連会社のコメントです。
○○の中につきましては、銀遊会専用ページにてご紹介しましょう。
銀遊会のメンバーは、下記「記事全文」をクリックし、パスワードを入力してください。




[記事全文]




中古トラック