『ZENT名古屋北店』、24日に内覧会を開催

善都は25日12時、日本最大級となる2100台の遊技機を設置する『ZENT名古屋北店』を、名古屋市北区中切町の国道41号線沿道にオープンさせる。その前日、24日15時30分よりパチンコホール関係者向けの内覧会を、開催する。受付は15時15分より。参加には、メーカー担当者からの紹介とFAXによる事前の参加申込書の提出が必要となる。参加申込書は同社ホームページ(http://www.zent.co.jp/whats new/)にアップされており、申込期限は23日15時まで。
 種別による内訳ではパチンコ1206台、パチスロ894台を予定。設計を田村設計、建築をフジタ名古屋支店が担当した。既存店でニーズのある女性専用レストルーム、景品専用ルームを備え、LED照明を採用するほか、テナントとして、パチンコホールへは初出店となるコメダ珈琲と、寿がきや、サークルKサンクス、託児所、コインランドリー、花屋などを併設。「ZENTミュージアム」を設け、各種団体と著名人の作品を展示し、情報発信のスペースとする。さらに屋外に、現代美術家であるヤノベケンジの作品「ウルトラサンチャイルド」を展示する。(日刊遊技情報)











中古トラック