萌えキュン超速報! マルホン工業『CR@ほぉ〜むカフェ』基本スペック解説&演出紹介


2014年3月18日、株式会社マルホン工業は、最新機種『CR@ほぉ〜むカフェ』のリリースを発表した。本機はメイドカフェの本場、秋葉原に店を構える老舗メイドカフェとのタイアップ機という異色作。回数区切りのリミット確変&高期待度の時短引き戻しにより連チャンを生み出す個性的なスペックと、激萌え必至のキュートなメイドたちが活躍する演出の両面から、新機種の魅力に迫っていこう。

確変突入が約束される時短中の引き戻しが連チャンのスタート地点!



本機はライトミドルスペックの『〜LH1』と甘デジタイプの『〜A』の2スペックが同時に登場。どちらも4回リミットが1セットになった回数区切りタイプの確変機なのだが、通常時(ヘソ入賞時)からの大当たりには確変大当たりが存在せず、大当たり終了後には必ず時短の「萌え燃えじゃんけん大会モード」に移行するという大きな特徴がある。

 では本機の確変突入契機はというと、時短での引き戻しがそれにあたる。初当たり後の時短は両スペック共に60%で最大電サポ回数(『〜LH1』:100回、『〜A』:40回)を獲得でき、その際は約41%で引き戻しに期待できる。ヘソ入賞時とは対照的に電チュー入賞時は全てが確変大当たりとなるため、引き戻し=確変の「ハピもえたいむ」突入が確定するという訳だ。確変突入後は4回(突入時の大当たりを含む)の連チャンが保証されるが、電チュー入賞時の大当たりは4ラウンドと16ラウンド(『〜A』は2ラウンドと10ラウンド)が均等に振り分けられており連チャン中のヒキによって大きく獲得出玉が変わってくる。よって確変突入後が本当の勝負所になると言っても過言ではないだろう。

 なお、連チャン終了後に再度移行する時短の舞台には、専用演出が展開する「きゅんきゅんアルバムモード」が用意されている。最大電サポ回数が約束された引き戻し期待度の高い時短モードになっており、もちろん引き戻しに成功すれば再度4回の連チャンが確定するぞ。






中古トラック