2月度の主なパチンコホール経営企業の倒産は2件、負債総額は4億6200万円


信用調査会社の東京商工リサーチは11日、本年2月度の主なパチンコホール経営企業の倒産状況についてまとめた結果を発表した。同月度の倒産件数は2件、負債総額は4億6200万円。倒産したのは、株式会社大藤(徳島県、負債額4億5000万円)と有限会社アズテック(山形県、同1200万円)。(日刊遊技情報)








中古トラック