平和がパチンコとパチスロを同時発表

平和(東京都台東区、嶺井勝也社長)は2月25日、同区の東京営業所ショールームで「CRスーパーストリートファイターW CR EDITION」と「パチスロ マジックモンスター3 ぶっちぎり!魔界グランプリ」(オリンピア製)の展示会を開催。
前者は、カプコンの人気格闘ゲームとのタイアップ機。「〜390ver.」(大当たり確率390.1分の1)と、「〜299ver.」(同299.3分の1)の2スペックが用意されており、いずれも確変「波動RUSH」で主人公がライバルたちとのバトルに勝利すると、出玉約2016個の大当たりをゲットできる。確変継続率は「〜390ver.」が80%で、「〜299ver.」が75%。広報担当者は「『ストリートファイター』シリーズは格闘ゲームの金字塔。その世界観を忠実に再現しました」と述べていた。
「マジックモンスター3」は、1セット28G+αのAT「GP RUSH」(純増約2.6枚/G)を搭載。広報担当者は「ATは、初当たり確率が設定1で128.9分の1、同6で93.1分の1。それでいて1Gあたりの純増枚数約2.6枚、継続率MAX95%と、出玉感も十分です」とアピールしていた。
ホール導入は、両機とも4月21日から。











中古トラック